FC2ブログ

トラブルなトラベル-セブ島編(2)搭乗しなかったセブ行きセブパシフィック5J533便。荷物から銃弾が出て来ても安心―マニラ税関

マニラ.ニノイ・アキノ空港で、多くの乗客がバックをぐるぐるラップ巻をしている
YouTubeを見たことがあります。
異物が挿入されないようにしているためです。
時々荷物から覚えのない銃弾が出て来て、税関で問題になる事もあったようです。
今は銃弾問題に関しては問題なくなりました。

参照して下さい。
セブ王より
https://cebu-oh.com/blog/detail/1161.html

何年か前に最初にマニラ観光に行きました。
毎月のようにマニラ近郊のアニラオにダイビングに行っている知人に電話をし、
情報を仕入れようとした時に真っ先に言われた事。
「夜到着便は絶対避けるように。」
それを聞いて、少しビビッた事を覚えています。


その他世界最強の空港の一つであるマニラ空港の乗り継ぎには注意が必要
かもしれません。空港職員?のチョッカイもあるようです。
今までセブ島行きでは時間の有効利用の為、深夜便でマニラに行き、国内線乗換えで
朝着でセブに行っていましたが、特に治安上の問題はありませんでした。

セブ島は直行便がありますから「安、近、短」で南国ムードを味わう事が出来ます。

マニラからセブ行きでセブパシフィックに乗らなかった顛末です。

最初に航空券を手配した時のスケジュール。

フィリピン航空 国際線
PR423 1:15AM →4:50AM 羽田→マニラ  乗り換え時間2時間25分
PR2845 7:15AM 8:25AM  マニラ→セブ

スケジュール変更のメールが来ました。(2~3度来た事もあったような)
PR423 2:10am 6:10am   羽田→マニラ  乗換時間1時間5分
PR2845 7:15am 8:25am  マニラ→セブ


国際線から国内線の最小乗り換え時間は1時間30分以上と決められています。
フィリピン航空は時々?頻繁?にスケジュール変更があります。

最乗換時間1時間5分なので、本来なら発券出来ないスケジュールです。
そのままでも可能なのでしょうが、ディレイの懸念がある為に、スケジュール変更
をしました。変更の自己申請をしなかったらどうなっていたかは不明です。
多分。日本見みく厳密でなくてもなんとかなるような気がします。

次の便は
PR1853 Manila 10:55am Cebu 12:10am マニラ→セブ
乗り換え時間はなんと6:10から10:55なので4時間45分です。

日本とフィリピンの時差は1時間。今回の搭乗時間は5時間です。
(不思議なことにマニラより遠いセブ行き直行便は4時間30分のスケジュール)

適切な時間がある時は、スマホの「SIM」を買い、セブ島より5~10ペソ
良いと思われるレートなので空港の銀行のブースで両替をします。


乗り換待ち時間は4時間45分で羽田―マニラ間のフライト時間に匹敵します。
マにラ空港に4時間とか5時間も滞在したくはないです。

そこで対策を考えたこと

対策1 ダメ元
乗り換え時間1時間5分の最初のスケジュールの便があるので、その搭乗に期待する。
PR2845 7:15am 8:25am  マニラ→セブ

以前、乗り換え時間1時間25分で発券できない便がありましたが、
空席があることは確認していたので、到着時にマニラ空港国内線の
カウンターで強気の押しで交渉をし、便の変更をした事があります。
(出発時間により航空運賃が違う場合があります。)

その実績で勝手知ったるターミナル2なので、デレイがなければ、乗り換時間
1時間5分ならば駆け込み、交渉し便変更してもらう自身はありました。

しかし、出発前日に確認した所、その便は満席でした。

私はいつも預け荷物なしでの手荷物だけなで荷物の心配はありません。
乗換がある場合には預け荷物がネックになります。

対策2 フィリピン航空以外でより早い便を探す。
出発の一週間前でしたが、国内線のLCCのセブパシフィックがありました。
Cebu pacific 5J553 Manila 09:40am Cebu 11:10am  約15.000円
(待ち時間3時間30分)

1. のダメ元が成功すれば2.は無駄になります。
捨てる覚悟で予約をしました。
これの予約後に乗り換時間1時間5分の便が満席なことを知りました。
ダメ元1.の選択肢はなくなりました。


どちらにしても、マニラ空港で4時間45分待ちは考えられません。

その結果は・・・、セブパシフィックには乗らなかった。
理由は次回に書きます。
15,000円は無駄になりました。

ここで。蒲田―羽田のタクシー代 5.000円 と合わせて 
約20.000円の無駄な出費です。

無駄な出費はまだまだ続く・・。



セブ行きは直行便を勧めます。
色々な事を対処しないと行けない場合があると思うのです。

マニラ経由セブ行きの私と同じ便に乗って来られる、時にはヤングカップルの
日本人の方も良く見かけますが、わざわざ経由便に乗ってくる理由は何なのでしょうか?
ホテルチェックインは概ね2:00pmのはずです。

後述しますが、私はいつものホテルなので、「ルームクリーンしてないよ。」と
言われても、早い時間であっても空いていれば強引に部屋に入ってしまいます。
セイフティボックスを使い、シャワーを浴びたいのが第一の理由です。

マニラ→セブでは以前スケジュール変更で便が取り消しになった事もありました。
7時台の便がなくなり、9時頃の便に振替した事があります。
その時、マニラ空港で搭乗待ちの時に日本人の方が電話しているのが聞こえました。
「ディレイで9時**出発になった。」と話していました。
便ナンバーが違いますから、正確にはディレイではありません。
その事を知らないその方はどの様な方法でチケットを購入したのでしょうか。

ツアーなら心配することもないと思います。
多分日本出発の時に「マニラ→セブは**発になりましたから。」とか言われて、
それに従うだけでしょう。

後述 なんと、一度決まった搭乗ゲートも途中で変更になったりもします。





にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード