FC2ブログ

プーケット編-レンタカーでプロムテープ岬を目指す

次は、ビッグ・ブッタからチャロン港経由でプロムテープ岬を目指します。

17pu-60


17pu-61

17pu-62

17pu-63


17pu-64






ネットを色々調べた結果が以下の説明です。

岬の高台にはバンコクの「エラワン・プーム(祠)と同じく四面顔で
知られるヒンドゥー教神のブラフマー(宇宙の創造神)をまつっている祠があります。

願いごとがかなえられることで人気のパワースポットです。
たくさんあるゾウの置物はお金を出して供えるもののハズです。


17pu-65



祠の後ろ、灯台に向かって左側には、“タイの海軍の父”と呼ばれるラーマ5世の
子息の像があります。
海軍創設に尽力したチュムポーンケートウドムサック親王は、「タイ海軍の父」と呼ばれ、
タイで最初の海軍をプーケットに設立した

パタヤを一望できるパタヤヒルにも同じ像があります。

17pu-66



その背後には前国王ラーマ9世(プミポン国王)の即位50周年を記念して建てられた灯台が
そびえています。灯台は登ることができるそうです。

灯台の頂上の光源の上に金の像が2匹確認できます。


17pu-67

ここには、レンタバイクやタクシー等で多くのインターナショナル・ツーリスト
が訪れています。


17pu-68



レンタカーは5時に返却しなくてはならず、それ以降は営業所が閉まってしまいます。
帰り道を急ぎます。

チャロン港経由で、山中を通るの道でパトン・ビーチを目指したほうが良いようです。
ビーチ沿いの道を遠たのですが、1車線で町中の交差点などで、渋滞にあって
しまいました。

17pu-69


17p@u-70


17pu-71

パトンビーチの海側の通りです。









にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村
バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード