FC2ブログ

セブ島のスマホSIM事情と日本で買えるお得なタイ向けSIM

セブ島(フィリピン?)には数社のスマホ回線のキャリアがあるらしい。
そのうちの大手が「Clobe」と「Smart」と思われる。

マニラ空港では「Clobe」のSIMを買ったが、「電話+インターネット」と
何度も確認をしたが、電話接続しかセットされていなかっと。
毎回同じ場所のブースでお願いし、いつもオーダー通りだったのですが。

マニラでホテルに電話をして飛行機のディレイを連絡し、到着予定時間を伝えました。

更に遅れてセブ島に着き、前回書いた様に、「Clobe」SIMでネット接続を諦め、
「Smart」のブースで電話+ネットをセットしてもらった。

おさらい
セブ空港(国内線到着口)の建物内では「Clobe」と「Smart」のブースが並んでいる。
再入場できない建物の外に出ると「Smart」のブースがある。

日本からセブに行く方の多くは直行便でしょうから、国内線はあまり関係でしょうね。
最初にセブに行った時は国際線直行便でしたが、以後はマニラ経由です。

最近セブ空港の国際線専用ビルが完成しています。

迎えの車を探すのですが、見当たりません。
定宿なので制服は分かっていますし、スタッフの顔をそれなりには分かっています。

面倒くさいので、タクシーで行こうと思ったのですが、タクシーの乗り場は
混雑していました。
低料金の白色タクシ-と主に外人が乗る料金がやや高い黄色タクシーがあります。

しょうがないのでホテルに電話したのですが、今度は「回線が繋がらない」とかの
アナウンスです。

「なんでやねん?」ですが、スマホに登録されている他の電話に掛けたら繋がりました。

やっとホテルに付いたのが昼の12時でした。
本来であれば9時前にはホテルに着くので、メールでアーリーチェックインを
お願いしたのですが、宿泊客の状況によりますとの返事でした。

そこで前日からのもう1泊を予約していました。
ホテルは02:00チェックイン、12:00チェックアウトで、連泊扱いなら僅か2時間
の為に1泊の料金を払ったことになります。
その時間なら空いている部屋はあり、たいがいは無理やり部屋に通してもらえます。

セブ島(フィリピン?)ネット事情

数社の電話会社(キャリア)があるが同じキャリア間しか電話は繋がらない。
スマホはダブルSIMになっている(場合が多い?)。
多分「Clobe」と「Smart」のSIMを入れて、掛ける相手によってSIMを切り替えているのでしょうね。



最初に電話をしたホテルのナンバーは09で始まる携帯?ナンバーと思われ、
2回目は03で始まる固定電話でした。

つまり最初掛けた番号に「Clobe」SIMで繋がったが「Smart」SIMでは繋がらず、
固定電話には繋がったのです。

最近は海外空港に着くといきなりSIMを購入するのですが、以前は
私のドコモでは海外に着くとその国の電話キャリアに繋がりお知らせ
メッセージが来ます。

セブならその時にキャリアを選べばいいのでしょう。
その時、私の携帯から現地電話番号は国内電話で繋がります。

また、現地の方から私の電話は日本経由の国際電話になり、高額になるので
電話は掛けてくれません。
今でも同じと思います。

お得なタイのSIM情報です。

taisim-1

taisim-2





ネット情報ではワイズソリューションからの購入で日本語の説明書が付いてくるらしい。
これは訪泰3日前でしたが、次の日には届きました。
値段は600~700円位でした。
APNなど訳が分からなった私ですが、説明書の通りで簡単設定。

帰国時にドコモのSIMに戻したら自動的にドコモに繋がりました。

taisim-4


taisim-3


こちらは場合によっては海外発送で1周間かかることもあると説明されていた。
それに気づき上記のSIMをネット注文したのですが、3日後?には国際郵便で届きました。
英語や中国語などの表記はあるが日本語は無いです。
私には良く理解できませんでした。

今年の5月にスワンアプーム空港のエアサイドの事です。
大きい画面の空港施設案内をみて何かを探している日本人女性を見かけ声を掛けました。
SIM売り場を探していました。

ラウンドサイド(場外)にはあるけどエアサイドには無いと説明をし、万が一の為?
に持って行った「AIS」のSIMを差し上げました。
「英語なら分かると思うわ。」と言っていたのでセットアップ出来たのでしょうか?

イミグレと税関を抜けた後の到着フロアにはいくつかのSIM売りがあります。
時には並んでいるし、額面通り1週間299バーツです。

これからは訪泰前に日本でネット購入でしょうね。






にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード