FC2ブログ

ヤンゴン市内観光(2)

一日目-その2
ホテルの場所はは21st st.です。最上階のパゴダビユーの部屋に泊まりました。

矢印の先にシエダゴン・パヤーが見えます。
写真ではどうしても遠く見えますがその威容ははっきり大きく見えます。
又、夜はライトアップされ、夜空に浮かび上がっています。

MYY-19

MYY-20-2

眼下に見えるのが21st St.
交差するのがMahabandoola通りで右に行くとスレーパヤーです。

地図を見ればわかりますが、南北に通る小道、タイなら「ソイ21」など、は細い一方通行です。
それが西から番号が付いた小道が東へと続きます。
前回のマッサージ店が88通りですから、これもタイと同じで番号が増えていくようです。


ガイドさんとは一日契約なで一緒に街の散策に出かけます。

MYY-10


Mahabandoola通りを歩きます。
屋台のテーブルの半分は道路にはみ出ています。

MYY-11


海鮮物も色とりどりです。

MYY-12

ミヤンマー名物?巨大シャコもあります。
格安で食べられるそうですが、その曰くを聞くと、食べるのは躊躇します。

MYY-13


MYY-14


19th St.の入り口。
民族衣装の「ロンジー」は老若男女が着用していますが、
キタイニハンシテ、若い女性の着用率はそれ程高くはありませんでした。

MYY-15


その名の通りバーベキュー(主に肉)が主体です。

MYY-16


聞いた曰くの延長線上でここでも食欲は湧きませんでした。
短期旅行者は健康第一に気をつけなくてはいけません。


そこで案内されたのが、ガイドブックにも乗っている、
「WKKO(ワイケーケーオー)です。
シェダゴン・パヤー近くにあるショッピングセンターの中にある
支店に行きました。

MYY-17



MYY-18

ミヤンマー料理のチェイオーを食べました。
日本の五目そば的麺料理でとても美味しかったです。
日本のものとは少し食感が違いましたが、一番上の白い四角いものはお豆腐です。


二日目に続く・・。





にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ  ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村
バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード