FC2ブログ

チェンマイの夜 クムカントーク

チェンマイの夕食は「カントーク」料理は外せません。

私が行ったのは、城外の「ランパーン・スーパーハイウエィ」の東側、
地図で見るとカルフールの近くの「クム・カントーク」

ガイドブックには350B程度の事が書いてありました。
レンタ・バイクを借りていましたので、ツーリングがてらでも行くことは可能です。
ほぼ一本道なのですが、うす暗い上に、路面状況は信頼できないので送迎付
にしたいと思いました。

ホテルで聞いたところ690Bだったのでお願いしました。
私とその他2箇所のホテルに寄り、マレーシア系の家族、白人の家族の
送迎です。

旅行会社のツァー料金を見ると、1000B(送迎付き、日本語ガイド付き?)程度
のものもありました。
約20分で到着です。


kt1

入口です。

kt2

kt3

kt4

kt5

大きなお盆に料理が乗ってきます。
お盆の左は、甘いお菓子系、カオニャオ、ライスです。
フルーツ付きで、ドリンクは別会計です。


kt6

kt7

kt8

中央ステージ(中庭)は屋根がありません。
ステージに向かって右が日本人+中国人のお客様、
左が欧米人系のお客様と席が分かれています。

同じテーブルの左の方は日本人のご夫婦でした。
料理は2人で私と同じ量(お盆に一盛り)でした。
1人で2人分でラッキーかなと思ったのですが。

「ガイヤーンのおかわりいかがですか?」と聞かれ、おかわりをしました。
太っ腹だなと思ったのですが、資料によると、カントーク料理はおかわりは
自由らしいのです。
おかわり要望の時は遠慮なく聞いてみましょう。

kt9

kt10

定番の「民族衣装を着た村人との記念撮影」500Bと言っていました。

kt11

新しいデジカメを買ったのですが、設定が悪かったようで、写真の写りが良くないでした。

kt12

kt20

中央ステージ(中庭)は200畳以上はあると思います。
屋根はありません。雨になったらどうするのでしようか?

ランナー・タイ様式の建物、大きな野外ステージ、ライトアップされ幻想的な雰囲気。
一度は行ってみるべきでしょう。

kt21

kt22

kt23

傘の踊り。

kt24

kt25

kt26

kt27

kt28

kt29

kt30

kt31

kt32

kt34

kt33

kt35

kt36

kt37

この時間になると帰ってしまうお客も出始まます。

私が到着した時は既にショーは始まっていましたので、
ショーは2時間から2時間半くらいなのでしょう。
ツァーでは1時間半強で「お帰りいただくようになっている。」のでしょうか?」

kt38

最後はお客も参加出来るダンスがあります。

kt39

kt40

チェンマイの夜はこれからです。
右はレストランその奥は「ドワンタン・ホテル」。
左にはレンタバイク屋、マッサージ屋。
スグ後ろの右側はムエタイリングがあるバービヤ群です。

「ドワンタン・ホテル」の先がナイトバザールです。








にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村
バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード