FC2ブログ

「出国中止」のスタンプ

            よくある事??「出国中止」のスタンプ


node-1



パスポートのスタンプ。
上は今年の5月のお馴染みのバンコク入出国のスタンプ。

5月1日夜に自宅出発、
2日の早朝着、5日の深夜帰国便
5月6日早朝帰国、「3泊6日の旅」。

ホテル3泊に機中泊2です。



物語は下の8月某日出国のスタンプ。

某国リゾート地へ向かう2:30pm便での出来事。
出発時刻は駐機している飛行機が動き出す時刻だそうです。

◎グランドクルー:「機内清掃の為、搭乗は10分程遅れます。」

その後、乗客すべてが乗り込み、扉が締まります。」
◎CA:「業務連絡、客室乗務員は、セレクターレバーをアームドにしてください」
これでドアロック。
以後、搭乗してくる人はいなく、席が空いていれば席替えも可能らしい。

しばらくして、
◎キャプテン:(英語)「機材点検の為、10~15分遅れます。」
日本人CAの和訳のアナウンスがありました。

昨夜は深夜に旅の荷造りチェックをしていた為、ウトウトと寝てしまい、
駐機したまま1時間が過ぎました。
昨夜の寝不足が一因か?体調不良になってしまいました。

そして、アナウンスが
◎キャプテン:「機材到着に6時間かかります。」(CA和訳)

◎CA:「今からお食事の用意をいたします。」(日本語)

◎私:(理解不能??、このまま6時間も機内に閉じ込めておくの??)

エコノミーは現地CA、ビジネスは日本人CAがそれぞれ担当です。
体調不良になってしまったので、拙い英語で説明するよりもと、
最前列に行って日本人CAに、

◎私:「出してくれ。」
◎日本人CA:「キャンセルするのですか?」
◎私:(さらに理解不能??)
◎私:「食事はいらないから、一旦出してくれ。」

しばらくして、
◎日本人CA:「機外に出たいお客様は前方に来てください。」

乗客の皆さんが次々機外に出ていきます。
搭乗口では空港内で使える¥1、500円分のミールクーポンを渡していました。

熟慮の上、航空運賃を捨てても良いと覚悟を決め、
搭乗口のグランドクルーに
◎私「フライトをキャンセルしたい。」と申し出ました。

チーフらしき女性が対応にあたり、その手続きの最中に、
◎私「(体調不良になるなんて)こんなの初めてだよ。」
◎チーフ「(フライトのディレイは)よくありますよ。」

こんなやりとりが有り、フライトをキャンセルしました。
航空運賃の払い戻しがある旨も当然確認しました。


出国の段取りをしてもらい、グランドクルーが同行し、
それぞれ申し渡しがしてあるようで、
出国のイミグレイションではクルー用の入国ゲートを逆行し、
「出国中止」のスタンプを貰い、
出国階に行き税関もクルー用を使いました。
出国出口でグランドクルーの見送りを受けて、無事?「出国中止」
になりました。


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

テーマ : バンコク格安宿
ジャンル : 海外情報

パタヤのカオ・シーチャンーバイク行

                  パタヤのカオ・シーチャンー―バイク行。

PT7-KC7


パタヤから南に約20kmのワット・ヤンサンワララーム
そこからスクムビット通りに近づきづつ、少し南下。
レンタ・バイクで10分程でカオシーチャンです。
パタヤからの距離は約25km。

ワットカオシーチャンとはタイ国王の在位50年を記念して造られたもので、高さ160mの
山の斜面にレーザーで溝を彫り、そこに金を埋め込んで仏陀を描いているそうです。パタヤ
のスクンビット通りを南下し、161kmの標識のあるあたり、「シルバーレイク・ワインヤード」
というワイン畑の少し手前にあるようなのですが、バスなど公共の交通機関でのアクセス方法は
わからず。まあ、とりあえずパタヤまで行けばなんとかなるかな……。
(バンコクナビより http://www.bangkoknavi.com/special/5048661)

余計なことですが、
日本の工作機械のレーザー加工機では20mm強程度の鉄板を切断できます。
その切り口の幅は1ミリ以下のハズだったと思います。
それはレーザーの出力口に近接(数ミリ?)しての話ですし、小型のレーザ機械
でも数トンの重さがあります。
イベントなどで使うレーザー光で像を投影して下書きに
したと私は推測するのですが。


PT7-KC2


ワット・ヤンサンワララームを出てすぐ左に曲がります。
直進が通ってきた道です。

PT7-KC3

ここで思わぬ絶景がありました。
すぐに湖があるのですが、湖畔に水上建物がありました。
お寺関係の建物、祠の類のようです。
一番右がワット・ヤンサンワララームの入口の建物。

PT7-KC4

遠方の一番右がワット・ヤンサンワララーム
その後ろ隣の山頂に、ご本尊の仏足石がある堂が見えます。

PT7-KC5

小木の右の山がカオ・シーチャンです。

PT7-KC6


淡浮院
(トーフスキーさんのブログより
http://blogs.yahoo.co.jp/toufuski_travel/29709721.html)

中華寺院には興味がないので通過ですが、多くの中国団体客が来ていました。
カオ・シーチャンでも同様で、韓国の方と思われる方もバスで来ていました。

PT7-KC7

カオ・シーチャン
旗のたもとに人がいるのがわかるでしょうか?

PT7-KC1


バイク走行自体が好きなので、充実感も満たされました。
ホンダCBR250。多分タイホンダ製でしょう。


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

テーマ : タイ・パタヤ
ジャンル : 海外情報

バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード