FC2ブログ

ルンピニ ─ ムエタイ&スアン・ルム・ナイトバザール

初バンコク ─ ティールームガイド付き個人手配ツアー   2009-04

水上マーケット→王宮→ワットポー→カオサン→プラトゥーナム→バイヨークスカイのレストラン→
バイヨーク展望台→トクトク乗車→ホテル
ティールームのお母さんに案内をしてもらいました。ここまでが既に記述済みです。

朝早くから夜までたっぷり観光が出来たのも、個人手配だから可能なのでしょう。

さらに、ここからは一人でバンコク夜遊び行に繰り出します。

19時出発。
ムエタイ観戦(タクシー移動)→スアン・ルム・ナイトマーケット(歩き)→パッポン見学(MRT)→
タニヤカラオケ店(BTS最終電車 24時)→マッサージ(ホテル裏)

一日でこれだけの観光ができました。


ナナ駅からタクシーで「ルンピニ」「ムエタイ・ボクシング」で通じました。
ルンピニ・スタジアム前に着くと、ネットに書かれていた通り、待っていましたとばかり
にエージェントさんがいました。1800Bと言われました。券売り所を見ても「1800B」
と「1500B」と書いてあります。
その日のプログラムの紙とムエタイCDをもらいました。

そのムエタイCDが十中八九間違いなく、コンピュータのウイルス感染を引き起こすと思います。
帰国後その選手年間などが書いてあるCDを見てから、ウイルスに感染してしまいました

runpini-12

問題のCDです。


rinpini-13

組み合わせのパンフレットももらいます。

100ポンド=45キログラム
130ポンド=58.5キログラム


右上のはカラー部分は「丸いステッカー」これを胸に貼って印にしています。

ムエタイM-1女子ミニフライ級王座を獲得した「ちはる」選手にムエタイの判定基準を
聞きました。

攻撃、防御の「美しい形」、パンチよりキックがポイントが高いそうです。
正しいキックの受け方=良い判定

故に、素人目と審判の判定とは少し違ってくる場合があるでしょう。


runpini-1

時間の関係で第2、第3試合しか見ませんでした。
年齢は中学生ほどかと思われる戦士が「ビシ」「ビシ」とキックを繰り出します。
はやり生の迫力は違います。


runpini-2

勝者と記念撮影。

runpini-3

入場料ですが、正面から入ると外人値段の「1800B」か「1500B」ですが、
裏から入れば又違って、現地値段で入れるかもしれません。
その2つの席は外人用?で、金網の内側です。折りたたみイスの指定席です。

前から3番目くらいまでが、「1800B」でその後ろ6番目くらいまでが「1500B」でした。
ですから「1500B」で充分にムエタイが楽しめます。


runpini-4

タニヤにも行って見たかったので、たっぷり堪能する訳にはいきませんでした。
地下鉄ルンピニ駅にある、スアン・ルム・ナイトバザールに寄って見ました。


rinpini-5


rinpini-6


rinpini-7

地下鉄に乗って「いざ、タニヤへ。」
地下鉄はセキュリティ・チエックがあり、警官がいるので、
夜の10時頃でも男一人なら安心でしょう。


rinpini-8


rinpini-9

その前にパッポン通りを見学。


rinpini-10

タニヤ通りを歩いていると、美女軍団の熱い視線を浴びます。ネットで評判を聞いていた
「アテッサ」のお姉さんが呼び込んでいましたので、案内してもらいました。
セット料金600Bで一時間です。

日本語が話せるとても綺麗な女性をお願いし席に付いたので、
ここで頑張ろうかと思ったのですが、頭がガンガンしてきました。
元気がありません。

考えてみたら朝早くから夜の12時近くです。日本時間なら午前2時です。
頭が痛くなるのも尤もです。
残念ながら、丁度深夜12時の最終BTSでナナ駅まで帰って来ました。
タクシーだと終電のタイBTS事情がわかりません。


rinpini-11

駅からすぐのホテルに歩いていたら、なんと像さんが歩いています。
「私設観光像使い」でしょうか、皆で写真を撮ったり、お金を上げたりと、
夜のアルバイトなのでしょう。

これなどは、タクシーに乗っていたら見ることが出来なかったかもしれません。
日本で像さんが街中に現れたら、パトカーが20台は集まって来るでしょう。

ここバンコクなら観光客だけが集まる。
逆にパトカーが集まってくる日本はどうかしていると感じてしまう。


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ     ←こちらも見てください。
                       クリックしてポイント応援してください。
にほんブログ村


テーマ : バンコク格安宿
ジャンル : 海外情報

tag : バンコク安宿泊

バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード