FC2ブログ

水上マーケット

                 ティールーム手配の個人ツアー
     ダムヌン・サドゥアック水上マーケットのチャーター観光-2009年4月 初バンコク(1)

 期待に燃えた初バンコク。その初日にティールームに顔をだし、概略の希望は予めメールをしておいたので早速に打ち合わせをする。「車のチャーターで水上マーケットに行きませんか。」と薦められたのでお願いをしました。なんとオーナーの田崎さんの奥さん(タイ人)が同行してくれる事になりました。ドライバーはT君です。

 ちなみにその日の一日は・・  朝6時30分出発です。
車&日本語ガイド付き個人手配ツアー
水上マーケット→王宮→ワットポー→カオサン→プラトゥーナム→バイヨークスカイのレストラン→バイヨーク展望台→トクトク乗車→ホテル 

ローズ・ガーデン等で「ワニさん、ゾウさんを見たいか?」とリクエストを聞かれたが興味が無いのでパスをしました。

 ここから一人でバンコク夜遊び行  夜の8時頃ホテルを出発です。
(タクシー移動)ルンピニ・スタジアムのムエタイ観戦→(歩き)→スアン・ルム・ナイトマーケット→(MRT:地下鉄)パッポン見学→タニヤのカラオケ店→(BTS最終電車 12時)→スクンビット通りで像さんに会う→マッサージ(ホテル裏)

 初バンコク第2日目の一日でこれだけの観光が出来るのも、チャーターならではでしょう。
また、タイ語が出来なくても、それなりの夜遊び行は出来るものです。



朝6時




 朝6時に起床。
 ホテルの外観。
 海老さんマークは
 海鮮レストランの看板です。








朝6時30分





 6時45分。
 スクンビット通り
 朝は渋滞を避ける為、
 早めの出発になります。










中華街1
中華街方面7時










 

朝7時の中華街の先では「朝の店じまい」で混雑しています。

高速道路1花売り













高速をひたすら飛ばします。
花売りはどこでも見かける風景。35Bと聞きました。


水上マーケットー1




私たちが着いた所は、地元向けの発着所らしく手漕ぎボートしかありません。
欧米人はエンジン付きのボートに、韓国人、中国人らしき人達は手漕ぎボートに乗っていました。









水上マーケットー2



早速、お母さん(田崎さんの奥さん:以下同)が値段交渉。
半周200B、一周300Bとのこと。
では300Bコースでと私日本人が登場すると、「一人300B」だと変わってしまいました。









水上マーケットー3




 

  お母さんです。













水上マーケットー4


人と船で込み合っています。
欧米人の乗っているエンジン・ボートは、「ブイ、ブイ」とエンジンを吹かしています。
ここでは、土産用のサフランを買い、船で売っているフルーツを食べました。











番外 価格交渉

 オリンピック直前の事です。北京の四合院の胡同と鐘桜巡りの「輪タク」の交渉の事でした。一周の値段かと思ったら1時間の値段のようだった。一人旅でしたが、これが2人だったら2倍の請求になったのでしょうか。よくよく「こちらの思い込みで」「交渉成立と勘違いしない」よう気をつけましょう。

もっとも、中国語は理解できないのですが、その「輪タク」のドライバーが一生懸命身振り、手振りで説明してくれたので、多少のチップを払いました。そうしたら、最初は「輪タクはこの道以上は行けないよ」とかで止まった所からさらに数100m走ってくれました。魚心あれは・・と言う事でしょうか?

交渉」は、「メモ帳」を出し、「一人か二人か」、「一時間か一周か」、「片道か往復か」などを「相手と確認できる事。」を心がけましょう。
現地語が出来なくても、人の絵、時計の絵、矢印や円弧の形の「象形文字」でもいいでしょう。


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村


テーマ : 水上マーケット
ジャンル : 海外情報

バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード