FC2ブログ

サムイ島-ダイビング編

サムイ島からのダイビング

セイルロック(洋上に突き出た岩)
チュンポンピナクル&タオ島

の2方面が主です。

今回はセイルロックで潜ります。
サムイ島から小一時間です。

プーケットからのダイビングは船でしたが、ここではスピード・ボートです。

18-sa



18-s2



18-s3


写真では良く写っていませんが、竜巻が2つ前方に発生しています。


18-s4


外人の左側の人が今回のダイブ・ガイドです。
日本人経営のダイブショップですが、今回のダイブ・ガイドさんです。

英語は通じますし、水中ではサインだけなので、特に問題はありません。
ガイド一人でお客が4人までが基本です。



18-s5


18-s6.jpg


お魚さんは数多くいました。


18-s7



18s-8


金属の梯子が2つ見えますが、乗ってきたボート2隻のものです。
ここは水深は深くありません。


18-s10



18s-11



ここは洞窟でも有名です。



18-s12




18-s13




18-s14




このダイバーは最近流行の、サイドマウント(体の両側にタンクをつける)です。
もとは、洞窟ダイビングで背中に背負った機材は障害になりやすいのです。
また、両側にあるのでバランスが良い事もメリットです。


18-s15



18-s16




18-s17




18-s18




食事は島影の静かな場所です。



18-s20



18s-21




これは他のボートの人が反対側でダイビングをした時の写真を
頂いたものです。


18-s30



ジンベイザメは中々見ることが出来ません。
ダイビングのポイントが違ったので、とても損した気分です。

こんな小さいのもいます。

18-s31









にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

サムイ島-2

まず向かうのは、繁華街のチャウエンビーチの北側にある
ビックブッタです。


T185-11-3


T185-11-4


T185-11


T185-12



T185-13



T185-14




199バーツでタンブンの品を買求めると、どのお寺でも
お馴染みのお守りを手に巻いてくれます。タンブンの値段によって
その色が違うはずです。

T185-14-2


T185-14-1




次に向かうのは、ナームアンの滝。


T185-15


入り口では、有料ですが、ランドクルーザー級の荷台部に乗り滝に向かいことも出来ます。
第一の滝までで、そこまでは歩くと場合によっては泥濘の急坂を
20~30分歩かなければなりません。

中国の旅行者が数多く見受けれれますし、バスで来るので、
中国人専用?のレストランもありました。


T185-16.jpg



第二の滝に行かず引き返してきました。

T185-18.jpg


T185-17.jpg


T185-19.jpg


そこには、トラとピューマ?に触れるコーナーが有りました。
パンフレットには「持ち帰るな」の趣旨が書いてありました。


T185-20.jpg


多分その写真を持ち帰ろうとする方が多くいるのでしょう。
また、他の方は300Bのピューマでトラは私だけでした。

T185-21



係員が「触れ」と促してくれます。針金みたいな剛毛でした。
いきなり「あくび」か「雄叫び」かわらないのですが、いきなり
「ガー」なんて口を開いたときはかなりビビリました。

T185-22


T185-23


T185-24


係員が多くの写真を撮ってくれ、「もっと撫でろ。」と言ってきます。


帰り際にラマイビーチを通りました。

T185-25-1


T185-25-2


T185-25-3


中央に見えるのが、バービアです。夜は賑わうのでしょう。

T185-25


T185-26



チャウエンビーチ通りに戻ってきました。

ELEPHANTと書いてある角を浜辺に向かって入っていきます。


T185-27


ホテルのプールサイドを通っていきます。


T185-28


無料でも見ることができそうな、ファイヤーショーもやっているようです。

T185-27-1


豪華な思いにさせるカップル席が用意されています。


T185-29


T185-31



翌日はダイビングに行くので、夜遊びはそこそこに眠りに付きました。





にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード