FC2ブログ

プーケット編 ― あの鐘を鳴らすのは誰だ。

プーケットの夜の写真は2~3枚しかありません。

バングラー通りの写真です。

pu17-100


pu-17-101



2日共夜は、日本人経営のサンドバーに行きました。
バングラー通りから入ったシードラゴン通りにあります。

バービヤと同じ雰囲気で、インターナショナル・ツーリストのたまり場?です。
飲み代もリーズナブル。

その向かい側にはGOGOバーがあり、7時頃入りましたが、まだ客は
はいない状態でした。念の為、色々な相場をリサーチしました。

さて、本題ですが、バンコク、パタヤなどのバービヤに30cm前後の
鐘が釣ってあるのはわかるでしょうか?

その鐘を鳴らす事は、そのバービヤにいる全員の女性スタッフに一杯奢う事を
意味しています。
今まで鐘が鳴ったのを聞いた事はありません。

ここサンドバーでは少し違っていて、1回1,000bでした。(3.500円以上?)
最初で、最後になると思い、挑戦しました。

店のスタッフ嬢達は理解しているのですが、一応鐘をガラガラ鳴らしたので、
他の店の客なども何事だと振り返っていましたが、他の客はその意味を理解
している人はいないようでした。

故に、あまり盛り上がりませんでした。

ここのシステムは少し違っていて、店にいる客全員にもぐい呑程度のコップですが
振る舞っていました
当の客達はなぜ出されたか理解できないようでした。

ここでの効果的な鐘の鳴らし方は、まず1.000bを払い、スタッフ嬢とすべての客の
分のグラスを用意してから、鐘を鳴らし、「私の奢りだ。」と宣言をし、皆で盛り上がる
事でしょう。





にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

プーケット編- ラチャヤイ島でダイビング

ラチャヤイ島はプーケットからダイビングボートで約1時間30分、20キロほど 南下した位置にある島です


pudv-1




pudv-2




pudv-3



軽食ですが、朝昼食付きです。
いくつかのダイビングショップの乗り合いになります。


pudv-4



深さ8.5m、どちらかと言うと深くはないです。
リゾートなどでの体験ダイビングは減圧症などにならないように、
12mまでのダイビングとなっています」。

通常は、アドバンス・オープン・ウォータの認定書で最大深度30mまでです。

pudv-5-2




pudv-5




pudv-6




これは沈船の中です。乗ってきたボートと同じくらいの大きさです。



pudv-7




pudv-8




pudv-9





セブ島では長袖長ズボンの厚み3mmのワンピースを着用しています。
水温はセブ島より温かいようで、
ここではショーティ(半袖、半ズボンタイプ)のウェットスーツです。


pudv-10




私が潜ったところは魚影はうすかったです。


pudv-13



私が申し込んだショップは私一人で、マンツーマンのガイドでした。
他のショップは4人に付きガイド一人をうたっています。




pudv-11




pudv-14




pudv-15




pudv-17



深くても22.1mです。
私の主戦場のセブ島のダイビングスポットはドロップオフなので、
下を見ると底なしの闇が見えます。

深度が増すと浮力がなくなってきます。
そのまま沈んで行かねません。

ここでは海底がすぐなので、安心です。

pudv-18





pudv-19





pudv-20




黄色いボートは欧米系の人達用のボートの様です。
水着の女性がアッパーデッキから飛び下りています。



pudv-21




島影の凪いだ所で昼食です。



pudv-22



プーケットに帰ってきました。


pudv-24










にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

プーケット編-レンタカーでビッグ・ブッタ目指す

ワット・チャンロンとビッグ・ブッタは道路を挟んだ反対側にあります。

その道からビック・ブッタに行く道は少しわかりにくいと思いますが、
それほど広くはない道を登って行きますが、案内板があるので、迷わず
行けるでしょう。

17pu-40



途中には、バギー乗り場や像さん乗り場があります。
観光ツァーなどで来る場所の一つでしょうが、レンタカーやレンタバイクで来ても、
それらのアクテビティを楽しめるでしょう。


17pu-42


17pu-41


ツァーの方がそつなく効率的に観光出来るでしょうが、私は敢えて
自前観光を選びます。


写真の写りが悪い訳ではありません。
突然霧が発生したのです。


17pu-43



BIG BUDDHA PHUKET YHAILAND と書いてあります。


17pu-44



本来なら看板の様に、カロン・ビーチなどが一望できるのです。


17pu-45



カロン・ビユーポイントがありますが、こちらのほうが標高が高い分
よりパノラマチックに見えるはずなのですが・・。霧で何も見えません。


階段の上に鎮座しているはずなのですが、全く見えません。


17pu-46


17pu-47


17pu-48


17pu-49


17pu-50


17pu-51


17pu-52


17pi-53


17pu-54





ここでも、タンブンをして僧侶からご祈祷を受けることが出来ます。

17pu-55




次はいよいよプロムテープ岬です。











にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ

プーケット編-レンタカーでパトンビーチからプロンテープ岬を目指す

ホテルチェックインは済ませたが、時間が早いので部屋には入れません。
荷物を預け、早速にレンタカーを借りに行きます。


お約束の「キズ確認の為の写真撮影」
レンタバイクや水上バイクを借りるときは事後のトラブル回避の為、
写真撮影は必須です。

17pu-20


最初にワット・チャローンを目指します。出発早々に大雨になりました。
レンタバイクも考慮の内でしたが、レンタカーで正解でした。

17pu21


街道沿いにあるので迷うことはないでしょう。


17pu-22



17pu-23



17pu-25




17pu-26




17pu-28




17pu-29




17pu-31




17pu-32




17pu-33




17pu-34




17pu35




雨模様と、デジカメの性能で写真の写りがわるかったです。





にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村


プーケット編-1

トラブル続きのセブ島からやっとタイの旅行記に戻ります。
ですから、過去記事となってしまいます。

いつものパターンの深夜便でバンコクに向かいます。プーケットまで行くので、タイ航空
を利用し機材はB747でした。
スワンアプーム空港では乗り換え時間に余裕があるので、国内線乗り継ぎゲートに向かわず、
一旦ランドサイドに出国し、到着階でSIMを購入し、エアポートリンクの地下1階で両替をしました。

国内線乗り換えは専用ゲートが有り、そこでタイ入国が出来るので、一旦出ると、国内線でも
保安検査はあるので、ともすれば混雑しているイミグレーションを通って入国し、国内線搭乗を
するよりは安易かと思います。

あとスワンナプーム空港の利用頻度でも二者択一の択肢が分かれることでしょう。


プーケット行きもB747で8:00に定刻で出発でした。
朝便でB747故なのか空席が目立ちます。3席利用してリラックスしました。

17pu-1


国内線機内食 朝スナック。

17pu-2


両替所、SIM売り場、タクシーチケットブースなどがあります。

17pu-3


1日目はレンタカーかバイクを借りてプロムテープ岬他の観光が希望でした。
途中で疲れて休憩する場合を考えると、車のほうが便利です。

パトンビーチに行く前にワット・プラトーンとワット・プラ・ナン・サンに寄りたい
のでバスとかロットーは選択肢にはありません。

ワット・プラトーン(https://www.thailandtravel.or.jp/wat-phra-tong/)



ワット・プラ・ナン・サン(https://www.thailandtravel.or.jp/wat-phra-nang-sang/)
タランの交差点近くにある、約250年前に建てられたプーケット最古の寺院。
本堂にはスズで造られた大きなブッダが3体祭られています。
(タイ国政府観光庁公式サイトより)


そこで考えられるのが、

1,レンタカー 
空港とパトンビーチでどちらも受け返しが加工です。返却は午後5時まで。
レンタル料金3000バーツ位だったと思います。
 
2,ホテルのピックアップ。
800バーツ。
深夜便乗り継ぎの朝乗り換えなので、疲労や眠気の事を考え、ホテルのピックアップ
をお願いし、途中立ち寄りを交渉することにしました。

ホテルピックアップはドライバーとホテルスタッフが来ていました。
そこでホテルスタッフに交渉しましたが、電話をしたので多分ホテルに確認を取ったみたいです。

ワット・プラトーン。


17pu-5



17pu-4




17pu-7

胸から下が地中に埋まっています。
仏像の顔は信者によって貼られた金箔で輝いています。(地球の歩き方より)


17pu-8



ホテルスッタフは私より熱心にお祈りをしていました。


17pu-6



次はワット・プラ・ナン・サンですが、国道沿いにあるはずなので、ワット・プラトーンからはすぐのはずですが、
ホテルスタッフはそこには興味がなかったのか、パスされてしまったらしい。

基本的には空港から南下し右に曲がればパトンビーチですから、レンタカーでも
迷わず行けるでしょう。GoogleMapも利用できるので安心です。


ホテルではアップグレードしてくれました。1階のプールサイドで広い部屋でした。
同じホテルに泊まりダイビングで一緒だった日本人の方もアップグレードされて、
私の2つ隣の部屋でした。
バスタブ付きです。
当初は上層階の見晴らしが良い部屋を取っていました。結果として、明るいうちは
部屋にいなかったので、アップグレードで正解でした。



17pu-9



17pu-10


ホテルに到着後荷物を預け、レンタカーでプロムテープ岬に向かいます。






にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ    ←こちらも見てください。
               クリックして、ランキング・ポイント応援してください。
にほんブログ村

ワット・pyラトーン

tag : プーケット

バンコク格安宿&ガイド
ワット・アルン

格安宿泊「ティールーム」へ依頼した日本語個人手配ツアーの旅行記をメインに綴ります。

最新記事
スラム街の少女 タイ人×日本人
「スラム街の少女―灼熱の思いは野に消えて」 泰田 ゆうじ 著 (文芸社)¥1,470
スラム街の少女
最新コメント
プロフィール

thaitea

Author:thaitea
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード